ズワイガニ流通

ズワイガニの流通量

冬になるとどうしても食べたくなるのが蟹ですね。その中でも圧倒的な人気があるのがズワイガニです。

ズワイガニの魅力は何といっても日本海の荒波にもまれて引き締まったプリプリの身に、凝縮された甘みと濃い旨味でしょう。

冬の通販ではズワイガニが山ほど販売されていますから、やはりカニの王様といったところでしょうね。

ズワイガニや毛ガニ、花咲ガニなどの流通量はどれくらいなんでしょうか?気になったので調べてみました。

こういった統計情報というのは誰でも調べることができて、農林水産省などのWEBサイトから見ることができます。

平成26年度の魚種別漁獲量をチェックしてみましょう。

カニの種類 全国漁獲量(t)
ズワイガニ 4,371t
紅ズワイガニ 17,605t
ガザミ類(ワタリガニ等) 2,328t
その他のカニ(毛蟹、花咲ガニ等) 5,378t

やはりというかズワイガニと紅ズワイガニだけで日本のカニのシェアはほとんど占めていますね。

タラバガニも結構出回っていますが、日本で捕れるものは少ないということでしょう。ほとんどロシア産で輸入されているということですね。

漁獲量だと流通量はハッキリとわかりませんが、少なくともズワイガニが一番ということは間違いないでしょう。

ズワイガニの漁獲量減

ズワイガニのお店

ズワイガニに限らず、主要なカニの価格というのは近年上昇傾向にあります。これにはいろんな原因があります。

カニは高級食材ですが、アジア諸国のGDPが増えて富裕層が増えたことで、カニを食べる人が外国人でも増えたということが要因としてあります。

カニ全体の漁獲量はそんなに変わりませんから、食べる人が増えると単純に値段が上がるというのはうなずけます。

他にも漁獲量そのものが減っているという要因もあります。

カニはメスが成長しにくく、乱獲などで獲れるだけカニを獲ってしまうと、生態系のバランスが崩れカニ全体の生存量というのが減ってきます。

これはWWFのWEBサイトにも書かれていましたが、ロシアではカニの乱獲を防ぐ制限があるにも関わらず、密漁する漁船があとを絶たずカニが減っているということなんです。

これからこういった資源の保全を各国でしっかりと取り組まないと、ますますカニの価格は高騰していくことでしょう。とりあえず今のうちにズワイガニを食べておきたいところです。

ズワイガニ通販サイトの厳選4サイトはこちら