ズワイガニ

ズワイガニは見た目が同じなのに、値段がぜんぜん違うということがありますよね。

さらには、見た目が同じなのに食べると美味しいものと不味いものがあるという経験もあるでしょう。その理由をまとめました。

高いズワイガニは中身が違う

ズワイガニのセリなどでは、見た目が同じでも見詰まりやキズ、色艶、脚の長さや太さなどを見極めて選別されています。

素人ではこの見た目以外の違いがなかなかわからないので、高いズワイガニと安いズワイガニがあるというのを不思議に感じるのです。

ちなみにオスが美味しいとされているので、国産のオスズワイガニは北陸や山陰地方などの観光地でしか出まわらないことが多いです(地産地消)。

通販サイトやスーパーなどで販売されているズワイガニはメスか輸入されたオスズワイガニが多くなります。

高いズワイガニは手間がかかっている

ズワイガニは茹でられていたり、冷凍で販売されていることが多いです。茹でるのは漁港の近くの加工工場で行われることが多いですが、加工までの手間がかかっている方が美味しく高価になります。

丁寧な処理はまず水槽に入れてカニに泥を吐き出させます。この工程をせずに茹でたり冷凍したりすると泥臭さが出てしまいます。

その後も鮮度を保つために水槽の水換えやエサやりなど、できるだけ良い状態を保つ努力を惜しまないカニがおいしくなります。

また、茹でる工程もスチームで大量に蒸す方法が主流ですが、それだと火加減や塩加減にムラがでてしまうので、味にもムラが出てしまいます。

美味しくて高価なズワイガニはステンレスの鍋に水を張り、天然の塩を絶妙な加減で投入し、茹で加減もしっかりと管理して職人が炊きあげています。

最終的に茹で上がったものは流水で1匹ずつ灰汁を洗い流して身を引き締めることで美味しいズワイガニになります。

これくらい手間がかかっているものでないと美味しいズワイガニとは言えないのです。


産地やブランドはあまり関係ない

ズワイガニが高い理由にブランドを考える人もいますが、ブランドタグが付いているからといって品質保証されている(美味しい)というわけでもありません。

ズワイガニのタグは単純に「産地」を示すものであって、その中でも身の締まったもの、大きい物、色艶のいいものでランク付けされています。

ちなみにタグの例をあげると、

福井県 黄色タグ(越前かに)
鳥取県 白色タグに赤字
京都府 緑色(間人ガニ)
津居山港(兵庫) 青色
柴山港(兵庫) ピンク色
浜坂港(兵庫) 白色

同じ日本海のズワイガニなので、品質には差がないのですが、地元愛が強い漁師が多いということで、統一できないという事情もあります。

おすすめのズワイガニ通販はこちら