ズワイガニの栄養素

ズワイガニの通販サイトで購入して美味しく頂くのもいいですが、ズワイガニの栄養素やその成分の効能などを知っておくと健康維持にも繋がります。

ズワイガニに含まれる成分

ズワイガニを食べることで摂取できる成分はタンパク質、タウリン、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、などです。

ズワイガニは茹でた身100gあたり70kcal程度と低カロリーで高タンパク低脂肪なのが特徴です。

とくに健康維持に役立つ成分で豊富に含まれるのがタウリンと亜鉛です。

タウリンの効能

タウリンは肝臓に含まれる胆汁の主成分の1つで、摂取することで胆汁酸の働きが活性化し肝臓を支えます。

肝臓が正常に動いている状態は疲れにくく、リンパや水分の循環がよくなるので、むくみにくくなります。

また、血糖値や血圧が急上昇することを抑制するので、高血糖の人や高血圧のひとにオススメの成分です。

さらに肝臓の働きが悪くなる脂肪肝を改善する働きもあり、しいては動脈硬化などを防止することになります。

亜鉛の効能

亜鉛は体内に約2g程度存在しています。亜鉛はタンパク質を筋肉や骨、髪の毛や臓器などの組織細胞を作る働きがあり、さらに新陳代謝や酵素生成のサポート、血糖値の下降や精神安定などの効果もあると言われています。

キチン・キトサンの効能

ズワイガニの殻にはキチン・キトサンが含まれています。ただ、ズワイガニを食べるときには殻は残してしまうので、身を食べることでは摂取できません。

摂取するには甲殻類から作られたサプリメントなどを購入すればいいでしょう。

キチン・キトサンにはコレステロール値を下げる効果があったり、高血圧を予防する効果があるといわれています。

ちなみに廃棄されるズワイガニの殻は農作物の肥料や、畜産物の飼料などとしても使用され、あますところなく利用されます。


ズワイガニ通販サイトで失敗しないために