[ズワイガニ/食べ方]部位の名称と味

ズワイガニを通販で購入する場合には、部位の味や特徴、身の入り方などをわかっておけば、美味しいズワイガニを購入することができます。

最近では殻を外して売られている「ポーション」や「むき身」、食べやすく身をほぐして甲羅に入れている「甲羅盛」、祝いの席などで見た目を重視するための「丸ごと一匹」など、販売方法もさまざまです。

家族でカニの鍋をしたときに、たくさん食べるには部位ごとの特徴を知っておくと便利ですよ。

ズワイガニ部位

1.小指

小指は特殊で、ズワイガニの一番下の小さい脚のことを指します。

小さいので、個体が大きくないと身はほとんどないと言ってもいいでしょう。殻をむく労力の割には報われない部分です。

食べたい場合は殻を向くというより、口に含んで身を吸い込むようにすると食べやすいでしょう。食べにくければ、食べずに出汁要員として考えてもいいですね。

2.棒

胴体から一番近い脚の太い部分で、ズワイガニを食べるならここがメインになります。

むき身やポーションなどはこの部分の身が出ていますよね。カニ鍋で一番狙うべきはこの部分です。

棒の身の入り方が詰まっていれば品質の良いズワイガニだし、スカスカだとあまり良いズワイガニではないという判断になります。

茹でると縮むので、ボイルした場合はぎっしり身が詰まった感じはしないでしょう。

3.ラッキョ

甲羅から数えて2番目の節になる部分です。ポーションなどの持ち手となる部分で、身は少ないですが、無いことはないのでほじって食べましょう。

身が詰まったズワイガニであれば、ラッキョの部分にも割と身が入っているので、棒の身を食べたらラッキョを口に含んで吸い込むと身が入ってきます。

大きいズワイガニなら十分に身が入っていますが、小さいズワイガニの場合はほとんど身が無い場合も多いです。

4.ナンバン

甲羅から数えて3番目の節になります。ズワイガニはこの部分は平らなので身はあまり入っていませんが、ここに出し汁が溜まるので吸うと旨味が口に広がります。身にこだわらず吸いましょう。

サイズの大きい固体なら、ナンバンにも身が結構入っていることがあります。

5.甲羅

ズワイガニの甲羅です。中には蟹みそが入っています。

蟹みそは濃厚でコクのある珍味ですが、鮮度が高くないと美味しくないので冷凍の通販では少ないです。

蟹みそだけを集めて加工した商品であれば、鮮度を保ちながら賞味期限も長いものがあるので、通販の場合はそういった商品を購入すれば食べられます。

蟹みそが無くても甲羅は十分に出汁が出てくるので、鍋に入れるとより美味しくなります。お酒なんかを注いで飲むと贅沢な甲羅酒のできあがりです。

6.爪下

ハサミと甲羅の間の部分になります。「棒」とほぼ同じような部位です。

ハサミが大きな個体であれば身はたくさん入っています。オスであれば太さもあるので、食べ応えのある部位になるでしょう。

7.親爪

ズワイガニでは脚の太さで一番大きいのがハサミなので、結構身が詰まっています。良く動かす部分でもあるので、身の締まりも良く美味しいです。

逆にサイズの小さいズワイガニではハサミも小さくなるので、身が少なくなります。

オスのほうがハサミが大きく、メスはハサミが小さいです。ハサミは表面積が多いので、身が無くても鍋に入れておけば良い出汁が取れますよ。

8.爪先

爪の先っちょの部分ですね。ほとんど身がないので、鍋などで見つけても無視していいと思います。出汁要員と考えればもったいなくはないです。

ハサミを食べる時に爪先をひっぱると筋が取れるので、ハサミの身が食べやすくなります。

身がないこともないので、口に含んで吸うと多少の身が入ってくることもあります。

9.前掛け(ふんどし)

甲羅の裏側の部分を言います。オスとメスを見分ける部分で、メスは卵を持てるようになっています。

前掛けは珍味として食べることも可能です。まとめておつまみとして販売しているところもあります。

ただ、一般的ではないので、地元の漁師さんの間で食べられたり、観光地の旅館などで出されるようなレアな部位です。

10.ガニ(えら)

ズワイガニエラ

甲羅を外したときに足の付け根の方に気持ち悪いひだが付いていると思いますが、それが魚で言うエラの部分です。

この部分は食べることができません。

エラの役割は海水をろ過して酸素などを取りこむ器官です。ということは、海水の雑菌などが濃し取られて付着していることも多いので、腐りやすいです。そもそも味もなく不味いので食べないということでしょうけどね。

[ズワイガニ/食べ方]通販における部位の名称

ズワイガニの通販では一番身が詰まっている棒の部分がメインで販売されています。

スタンダードなものは「むき身」タイプで、生でもボイルでも殻が剥いてあります。完全に剥いているポーションと、一部殻がカットされているものがあります。

昔は一部カットのズワイガニが多かったですが、最近はポーションが主流になっています。

そのほかハサミの部位だけを集めたセットや、何も加工していない「ズワイガニ姿」、甲羅にほぐした身を詰め込んだ「甲羅盛」などがあります。

あとは保存がきく缶詰にしたものもあります。

[ズワイガニ/食べ方]美味しく食べる方法と調理法

ズワイガニは生で刺身にしても茹でて鍋にしても、網で焼いても美味しくいただけます。

シンプルに調理してもズワイガニのうま味で十分に味が出るので、難しい調理法は必要ありません。

どちらかといえばズワイガニの鮮度や品質のほうが味に影響があるので、通販などで購入する時が一番大事とも考えられます。

ここからはズワイガニの美味しい食べ方や調理方法についてご紹介していきます。

[食べ方1]ズワイガニの鍋料理

ズワイガニ鍋

ズワイガニで最も人気のある料理といえば、カニ鍋ですよね。

ズワイガニの出汁と野菜の旨みがいい感じに合わさって、いろんな食材の旨味と一緒に味わうズワイガニは最高です。

レシピ的には土鍋などに昆布でダシを取って、豆腐に白菜、ネギやきのこなど好きな食材を入れてズワイガニを入れるだけ。茹で上がったらポン酢などで食べれば美味しいです。

味付けとしては薄味のものが向いています。寄せ鍋や塩ちゃんこなど、ズワイガニの味がしっかり感じられるような味付けが好ましいでしょう。

ズワイガニ通販で買う場合は、ボイルのものでも生のものでも美味しく作れます。

[食べ方2]焼きガニは香ばしさが最高

焼きズワイガニ

ズワイガニを半分剥いて、殻を下にして網に乗せ、魚焼きグリルやコンロなどの直火で焼きます。殻があるとそれが香ばしくなり、五感でフルに楽しめます。

七輪やバーベキューセットなど炭火で焼けると雰囲気もあってさらに美味しく頂けそうです。

焼くだけでも海の塩味とうま味がしっかり味わえます。レモンや醤油を垂らすと、味も変わって変化も楽しめますよ。ポン酢でもいいですね。

通販ではボイルしていない冷凍のズワイガニ(とくに急速冷凍のもの)か、生の新鮮なズワイガニが手に入ればさらにいいですね。ポーションなどむき身になっているものは向いていません。殻が付いていることでじっくり焼けるので、殻がついていて、半分だけ殻がカットされているものがいいでしょう。

[食べ方3]蟹酢はもっともシンプルにズワイガニを味わえる

カニ酢

酢と醤油だけで楽しめる蟹酢はシンプルにカニの旨味を堪能できる食べ方です。

どれもも酢と醤油をレンジで温めるだけでできるのが嬉しいですね。生姜などの薬味を入れるとさらに風味が増します。

二杯酢や三杯酢で味を足すのもいいですし、リンゴ酢や柿酢などで味に変化を付けたりすると、無限に楽しめます。

通販ではボイル済みのものを解凍すればいいのですが、塩ゆで加減にこだわったものがいいですね。さらに急速冷凍の蟹だと鮮度が良いです。

[食べ方4]ズワイガニのカニしゃぶは鮮度が命

蟹しゃぶ

カニしゃぶというのはやっぱり鮮度が高いものでやると美味しいですよね。

野菜などの旨味がたっぷり出ているお出汁に、ズワイガニの身をさっとくぐらせて食べるだけで、カニの本来の旨味が楽しめます。

ズワイガニは生の刺身でも食べられるので、しゃぶしゃぶする時間を変えることで味の変化を楽しめます。レアだと蟹の甘さととろける食感が残りますし、ウェルダンだと蟹鍋のようにボリューム感のある食べ応え感が増します。間のミディアムだと、ボリューム感もとろける食感も両方楽しめますよ。

通販には生のズワイガニは少ないですが、急速冷凍のズワイガニであれば鮮度を落とさずに冷凍しているのでカニしゃぶはできます。

[食べ方5]ズワイガニのかに雑炊で締めまで美味い

カニの雑炊

カニすきやカニしゃぶなどの鍋系料理の最後には、白ご飯とタマゴを投入して雑炊で締めると最後までカニを楽しめますね。

鍋に入れていた具材のダシが最高に出ている状態での雑炊は、メインの鍋より美味しいかも。さらに美味しく頂くコツは蟹の身を少し雑炊用に残しておいて、雑炊の時に投入するといいですよ。

ズワイガニ通販ではほぐした身も販売されているので、あえてほぐした身を購入しておいて、蟹雑炊にするというのもアリですね。

また、特にズワイガニの鍋をしていなくても、ズワイガニの缶詰めがあれば手軽に雑炊が楽しめますよ。

[食べ方6]ワンランク上のズワイガニのカニクリームパスタ

蟹のクリームパスタ

自宅でズワイガニをクリームパスタに仕上げるというのは難しいですが、イタリアンレストランなどではポピュラーなメニューです。コンソメとトマト、生クリームのコクが蟹のうま味と混ざり合って、美味しく贅沢なパスタです。

自宅では失敗するとズワイガニが勿体ないので、勇気がいりますが、外食なら安定して美味しいものが食べられます。

自宅で作る場合はズワイガニそのものを使用するのではなく、加工された缶詰めを使用すると失敗しにくくリーズナブルに作ることができます。

もちろん、殻付きのカニを使うことで香ばしさと魚介の旨味がたっぷり出て贅沢で上品なパスタに仕上がります。

[ズワイガニ/食べ方]食べると得られる栄養成分

ズワイガニの栄養素

ズワイガニを通販サイトで購入して美味しく頂くにあたって、ズワイガニの栄養素やその成分の効能などを知っておくと健康維持にも繋がります。

ズワイガニを食べることで摂取できる成分はタンパク質、タウリン、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、などです。

ズワイガニは茹でた身100gあたり70kcal程度と低カロリーで高タンパク低脂肪なのが特徴です。

とくに健康維持に役立つ成分で豊富に含まれるのがタウリンと亜鉛です。

[ズワイガニ/食べ方]タウリンの効能

タウリンは肝臓に含まれる胆汁の主成分の1つで、摂取することで胆汁酸の働きが活性化し肝臓を支えます。

肝臓が正常に動いている状態は疲れにくく、リンパや水分の循環がよくなるので、むくみにくくなります。

また、血糖値や血圧が急上昇することを抑制するので、高血糖の人や高血圧のひとにオススメの成分です。

さらに肝臓の働きが悪くなる脂肪肝を改善する働きもあり、しいては動脈硬化などを防止することになります。

【タウリンの働き】

  • 血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす
  • 健康的な血圧を保ち、高くなった血圧を下げる
  • 肝臓の解毒能力をアップさせ、アルコール障害にも効果的
  • インスリンの分泌を促進。糖尿病の予防につながる
  • 視力の衰えを防ぐ・新生児の網膜の発育を助ける

参考:タウリンとはどのような栄養素ですか|農林水産省

[ズワイガニ/食べ方]亜鉛の効能

亜鉛は体内に約2g程度存在しています。亜鉛はタンパク質を筋肉や骨、髪の毛や臓器などの組織細胞を作る働きがあり、さらに新陳代謝や酵素生成のサポート、血糖値の下降や精神安定などの効果もあると言われています。

【亜鉛の働き】

  • 味覚を正常に保つ
  • 抗酸化作用
  • 免疫力の向上
  • 成長促進
  • 髪や肌の健康維持
  • 生殖機能の改善

亜鉛はむしろ不足すると健康を害する可能性があるものなので、適度に摂取しなければいけません。

とくに亜鉛は発汗によって汗と一緒に流れ出すので、運動する人は体内から亜鉛が不足しないように適量を摂取する必要があります。

[ズワイガニ/食べ方]キチン・キトサンの効能

ズワイガニの殻にはキチン・キトサンが含まれています。ただ、ズワイガニを食べるときには殻は残してしまうので、身を食べることでは摂取できません。

摂取するには甲殻類から作られたサプリメントなどを購入すればいいでしょう。

キチン・キトサンにはコレステロール値を下げる効果があったり、高血圧を予防する効果があるといわれています。

ちなみに廃棄されるズワイガニの殻は農作物の肥料や、畜産物の飼料などとしても使用され、あますところなく利用されます。

ズワイガニの購入にオススメの通販サイト4選