ズワイガニ漁

今は通販サイトでズワイガニを簡単に購入できる時代になっています。

しかし、実際にズワイガニの漁の様子というのは知らないのではないでしょうか。

ズワイガニ漁を知れば、カニの有り難みや価値のあるカニがいる理由などがわかってきます。

ズワイガニの漁とは

ズワイガニというのは標準和名で総称なので、獲れる漁港によって松葉ガニや越前がに、勢子蟹、間人蟹(たいざかに)、大善カニ、津居山カニ、柴山カニなどなど実は全部ズワイガニです。

丹後の松葉がにの漁の話ですが、ズワイガニは水深200m〜400mくらいに群れで生息しています。

ちなみにオスを松葉ガニ、メスをせこ蟹と呼び方が異なり、生息地も微妙に異なります。メスのせこ蟹は浅めの水深200m前後にいて、オスの松葉ガニは水深300mから400mくらいのところに生息しています。

漁師の人は漁に出る前にある程度、どれくらいの水揚げ量になるか当たりをつけて、せこ蟹を獲るか松葉がにを獲るかを決めています。

松葉ガニは底引き網漁

松葉ガニを獲る漁法としては底引漁です。海底まで網を沈めて、そのまま網を船で引きずって蟹や魚などを獲る漁法です。

実にシンプルで簡単な漁法のように思えますが、ズワイガニは群れで生息しているので、そのポイントを外すと1匹も取れない場合もあります。

1回の網入れで約1時間くらいかけて、4キロメートルにわたって引くのですが、魚群探知機や長年の経験や勘を持ってしても多くて60匹前後しか獲れないので結構大変です。

また、日本海にいるズワイガニは荒波にもまれて身が締まって美味しいと言われていますが、逆に言えば日本海の時化や荒波になりやすい気象条件でもあるり、まったく獲れない日が続くということもあるのです。

一日にできる網入れは10回程度なので、毎回たくさん捕れたとしても数は知れています。そういう大変な漁を経て松葉ガニは私達の口に入ることを考えると高価になるのもうなずけます。

ちなみにベニズワイガニは「かにカゴ縄漁」という漁法で捕ります。

ズワイガニ通販では漁の様子はわからない

漁港などに旅行に行った時に現地の蟹を食べたり購入したりする場合は、そういった漁の話も聴けるかもしれませんが、通販サイトにおいてはなかなか漁のことを知ることはありません。

通販サイトで購入するときにも漁の光景を思い浮かべれば、もっと美味しくいただけるかもしれません。

おすすめのズワイガニ通販はこちら